徒然なるままに仙石線

このブログでは仙石線に関するあれこれを解説、考察などをして行きます。

宮城電気鉄道と松島電車の関係性とは

仙石線の前身である宮城電気鉄道は元々県庁前から松島までを結ぶ路線として計画されました。松島には既に省線と接続する松島電車という路面電車が存在していました。これら両路線は全く関係無いようで実は浅からぬ関係がありました。

宮電よりも先に電車運転を開始した宮城県初の電車

1922年に開業した松島電車は省線の松島駅から五大堂前の松島海岸停留所までの約4kmを結んだ路面電車で,開業した1922年より電車運転がされていました。これは元々松島電車が大崎水電の名義の元で建設された為でこの大崎水電の前身である遠田電気は遠田郡一帯に電力を供給していた会社でした。電力会社の名義であった為に初めから電気軌道として計画されていた為開業当初から電車運転をする事に成功したのです。開業した当初は省線の松島駅から出て松島海岸方面へ直接行ける事から多くの利用者に恵まれ年間に20万人が利用した時期もありました。しかし,1920年代後半になるとその利用者は年々減少し赤字続きとなってしまいます。

画像出典 「松島の昔と今」

強力な競合の登場と買収

一方,この頃仙台市内より直接松島まで電車によって結ぶ高速鉄道が松島電車を脅やかす事になります。それが宮城電気鉄道でした。宮城電気鉄道は東京の有力機械商社だった高田商会の後ろ盾を付けて計画され高田商会が経営していた細倉鉱山から出た亜鉛発電の余剰電力を利用する事により松島電車と同じ電車運転を計画し,実際に電車運転に成功します。1925年の開業当初は西塩釜まででしたが1927年には遂に松島へ到達します。松島電車はこの時点で宮電と競合する事となります。しかし,宮城電気鉄道は非常に強い競合相手でした。松島電車は元々省線の松島駅から出ており省線の列車から接続して松島海岸へ至るというルートでした。しかし宮電は仙台から1本,しかも最短ルートで松島海岸まで至る物で観光客はわざわざ遠回りをする省線+松島電車ルートよりもダイレクトに結べる宮電ルートを採る事は必然でした。松島電車は宮電の到達により一気に客を奪われてしまいます。その後松島電車は間接的に乗り入れていたのを直接松島駅へ乗り入れることによって経営を立て直そうとしましたが,それでも宮電には敵う事がありませんでした。遂に1938年,松島電車は営業休止へ追い込まれてしまいます。独力での再生が不可能となった松島電車はかつて同社の強大なライバルだった宮電に助けを求めます。監督官庁から任務を引き受けた宮電は松島電車の再興を検討します。内容として国鉄松島駅から新富山までを軌道から一般鉄道に変えて再開しようとしたものの、時代が許してくれませんでした。1944年,宮電の基幹線であった現在の仙石線が買収されると親も無くなってします。結局松島電車は営業休止のまま宮電と共に正式に廃止となってしまいます。

終わりに

宮電に先がけて電車として開業した松島電車は松島海岸地区に通った初めての鉄道として繁栄しましたが最後は宮電と共に消えて行きました。かつて松島電車が通った路線は現在道路等へ再利用されています。

205系3100番代はどの103系を置き換えたのか

205系3100番代が登場して既に21年以上が経過し,103系が一度仙石線から姿を消してから間もなく20年が経過しようとしています。では,205系の導入によってどの103系が置き換えられたのでしょうか。

クモハを組み込んだ編成から優先的に置き換えられた

205系3100番代が宮城野電車区(仙ミノ)に初めて配属されたのは2002年10月10日ですが,同編成が置き換えた初めての103系はクモハ103-145を含んだRM-145編成。以後,M7編成までの205系が置き換えたのは全て石巻方先頭車がクモハ車の車両でした。

M1編成→RM-145編成

M2編成→RM-136編成

M3編成→RM-137編成

M4編成→RM-67編成

M5編成→RM-138編成

M6編成→RM-155編成

M7編成→RM-94編成

M9編成→RM-90編成

M13編成→RM-128編成 (103系クモハ編成消滅)

M1編成から続けられたクモハ車の置き換えはM13編成を以て終了し,仙石線からクモハ103を組み込んだ編成は消滅しています。2003年8月の事です。そして,M5編成に置き換えられたRM-67編成のクモハ103-67はクモハ車で最古参で1967年5月生まれの車両でした。

画像出典 Wikimedia commons 永尾信幸様

M8編成より始まったRT編成の置き換え

そして2003年より導入が開始されたマンガッタンライナーⅠ世のM8編成より両先頭車がクハのRT編成も置き換えが始まります。M8・M10・M11・M12編成はまだクモハ車が残ってる中で置き換えましたがM14編成以後は全てRT編成の置き換えで2004年までに完了しています。

M8編成→RT-299編成

M10編成→RT-123編成

M11編成→RT-371編成 (高運転台車消滅)

M12編成→RT-213編成

M14編成→RT-139編成

M15編成→RT-107編成

M16編成→RT-131編成

M17編成→RT-105編成

M18編成→RT-235編成(休車)

M19編成→RT-235編成 (103系消滅)

2004年,103系が仙石線上から姿を消し205系で統一されましたが多賀城駅高架化による運用数増加に伴う車両不足で一番最後に離脱したRT-235編成が復帰します。しかし2009年にナハ48編成から再改造されたM19編成によって置き換えられ完全消滅となりました。この編成の廃車で最盛期は2000両以上を数えたJR東日本の103系が消滅したのです。また特筆するべき点として高運転台車である第三次転用車の2編成が低運転台車よりも先に置き換えられている点が挙げられます。仙石線は103系の歴史史上初めてとなる高運転台車の方が先に廃車となった路線でもあるのです。

画像出典 裏辺研究所 デューク様

終わりに

205系が置き換えたのは第一フェーズとなるM7編成迄がRM編成の優先的淘汰,第二フェーズのM8〜M13編成がそれぞれの淘汰,最終フェーズで残ったRT編成の淘汰という形になりました。近い時期に来ると考えられる205系の置き換えではどのような順番となるのでしょうか。

西塩釜駅付近の廃線のように見える歩道とは

本塩釜駅の1つ隣である西塩釜駅には仙石線の線路の下を通るように歩道が敷かれており,駅舎もそれを跨ぐようにして通路が配置されています。実はこの歩道は初めから歩道として整備されていた物ではありません。では,一体何なのでしょうか。

西塩釜駅ホーム上から捉えた物。

かつての貨物線

この歩道は実は廃線跡を活用している物でかつてはここに線路が敷かれていたのです。その廃線とは一体何なのでしょう。ここには1997年まで塩釜線という路線が伸びていました。しかし,塩釜線は旅客路線では無く貨物線で東北本線の岩切付近から現在の陸前山王駅,西塩釜付近を経由して塩釜埠頭,塩釜港までを結んでいました。実はこの塩釜線は仙石線よりも古参で現在の塩竈市へ一番最初に辿り着いた鉄道でもありました。開業は1887年のこと。まだ東北本線が日本鉄道の路線だった頃の話で日本鉄道の支線という扱いでした。1950年代までは貨物以外にも旅客輸送を行なっていましたが戦前には既に殆どが帰省臨時列車ばかりとなっていたそうです。仙石線とは下馬付近から並走する形となっていましたがこれは後々塩釜魚市場までの線路を復活させる時に仙石線へ西塩釜〜本塩釜間へ乗り入れる事を想定していた為でした。晩年の塩釜線は貨物の輸送だけで無く廃車車両の解体や留置を行う路線でもありました。以前にも紹介した101系の中間車やクモヤ90055の解体は塩釜埠頭駅で行いそれから車体を売却していました。しかしモータリゼーションが進行した事により輸送量は年々減少,最後の砦でもあった石油輸送も無くなると1994年には休止となります。そしてそこから復活する事は無く1997年に廃止となりました。この時,廃線跡は多くが残り,仙石線と並行していた下馬付近〜本塩釜付近の仙石線との並行区間に関しては塩竈市が歩道として整備し,塩釜線の線路等を西塩釜駅に保存,そして塩釜線を解説した碑を設けており塩釜線を現在に伝え続けています。

終わりに

現在,塩釜線として大きく残る名残である西塩釜付近の歩道。この区間以外にも実は塩釜線の面影は残っており,それが仙石線とも関わりがあるような物も少なくない物となっています。

仙石線歴代車両の在籍両数はどれくらいなのか

仙石線では国有化後,現在の主力である205系まで基本は首都圏から転用された車両が基本となっておりかつ本数を比較的多く抱える路線である為比較的多くの両数が所属していました。その両数は一体どのくらいの両数だったのでしょうか。

歴代車両の両数とは

今回も,以前にも紹介した歴代車両の在籍年数と同様に戦後,特にモハ800形以降で見ていきたいと思います。尚,両数はその形式の最多の両数がいた時期と致します。

・モハ800形族 11両(宮電時代に新製7両に国有化後に国鉄が購入した4両) 1937〜1964

・クモハ11・12族 41両(クハ16・クハニ19含んだ両数) 1947〜1967

・クモハ41 3両 1963〜1966

・72系 67両(そのうち970番代は20両在籍) 1966〜1985

・クモハ54・クハ68 12両(70系中間車含む) 1967〜1977

・103系 72両(第二次・第三次転用車の両数,第一次転用車は64両) 1979〜2009

・101系1000番代 4両(豊田からの借り入れ) 1986〜1987

・105系 4両 1987〜1998

・205系3100番代 76両(M19編成は南武線から再転属) 2002〜

・HB-E210系 16両(北ココ所属) 2015〜

このように纏めて比較してみると,72系以降の仙石線主力車両の両数が多くなっており72系,103系,205系が60両以上仙石線に所属していました。仙石線の歴史上でも最も多くの車両が在籍したのが205系で2004年までに導入された18編成72両と,多賀城駅高架化に伴う車両不足解消の為に復活したRT-235編成を置き換える為に導入された1編成を合わせた19編成体制で,計76両が最大で在籍していました。

終わりに

全体で比較してみると,仙石線管理所発足以前の所有は48両前後だったようですが,発足後から現代まではおおよそ60〜70両の所有となっているようです。もし今後後継車両が登場するならば概ね60〜70両前後の配置となりそうです。

仙石線103系の編成番号はどのような法則があるのか

1979年に最初の一陣が登場した仙石線の103系。その10年後にはこの第一陣を置き換える為の103系が導入されました。実はそれぞれの編成番号の付番は異なる物でしたがどのような法則があるのでしょうか。

1979年導入陣の編成付番法則

1979年,72系970番代を除く103系を置き換える為首都圏の各地から103系が転用されて来ました。この車両は80年迄に導入されましたが,その4年後に970番代を置き換える為にも転用されて来ました。この時に仙石線に転用されて来たのは全てがクモハが石巻寄りに付いており,後のように半々ではありませんでした。ここで編成番号を読んでみると,例えばクモハ103-1が石巻寄りにある編成はR-1編成という番号となります。冷房化改造をされたクモハ103-144が先頭車であればR-144編成となります。かつて首都圏で運用されていた時に列番を表示していた前面左側の表示器はこの第一陣ではクモハとクハの車番を貼っており列番表示としての機能は無かったとされます。これは103系から改造された105系もそうで98年の引退までだったそうです。

画像出典 Wikimedia commons 永尾信幸様

第二次・第三次導入陣の付番法則

1989年,非冷房かつ初期車の多かった第一陣の老朽化が激しくなり,同車の淘汰と冷房化によるサービスアップを目論み,関東から再び103系が導入される事となります。これが第二陣と呼ばれるグループです。これらの導入陣では第一陣でも存在したクモハ先頭車に加えクハの先頭車も転入して来ました。ここで付番法則は第一陣の物と異なって来ます。従来通り,編成の基準は石巻寄りの先頭車ですが,クモハとクハが混じる事から区別する必要がありました。ここでRの下にクモハ車はMotor,つまり電動車を意味するM,クハ車はTrailerを意味するTが付番されます。一例を挙げるとRM-155編成は石巻寄り先頭車がクモハなのでMと付き,RT-235編成ならば石巻寄り先頭車がクハなのでTとなります。番号も第一陣と同じく石巻寄り先頭車を基準に付番されておりRT-235編成は石巻寄りクハがクハ103-235となっています。後に105系を置き換える為に京浜東北線から転属して来た高運転台の第三陣も同様にRT編成を名乗っていました。車番は第一陣とは異なり元々列番表示として使用していた部分に種別幕を付けた為こちらは前面窓に記す事になりました。

画像出典 裏辺研究所 デューク様

終わりに

103系での付番方法は主に転入車の形態によって異なっていましたが両車とも共通して石巻寄り先頭車を基準としていました。現在の205系は番代も異なっている為改造順の車番かつ後部の車番も共通した物となっています。